TABIRIN BLOG

季節の旬の情報やサイクリングと日常生活、旅のちょっとしたノウハウを送る新しいメディアです。

建築家・東京大学大学院教授の千葉学先生と走る 伊豆半島一泊二日サイクリングの旅【2日目】

こんにちは!

たびりん自転車競技部のクリスです。

建築家で東京大学大学院教授の千葉学先生と走る伊豆半島サイクリング2日目です。

f:id:tabirin:20180114040706j:plain

▲気持ちの良い下田の朝

 

この日、下田東急ホテルの豪華な朝食バイキングで一日が始まりました。

こちらのバイキング、その日20本限定の牛乳や搾りたてフルーツジュースなどがあり、どれも美味♪

しっかりエネルギーを蓄えました。

f:id:tabirin:20180114040620j:plain

▲美味しい朝食でしっかりエネルギー補充

 

ちなみにこのホテルにはサイクルピットなるサービスがあり、工具や空気入れが使えるようでした。サイクリストにやさしい宿ですね!

f:id:tabirin:20180114040748j:plain

▲下田東急ホテルにはサイクルピットサービス(工具・空気入れ)があります

 

こういったところから自転車利用環境が整うのはとても良いことだと思います。

さて、本日は下田から北上し演歌で有名な天城峠を越え、修善寺に戻る約50kmのコースです。 

この日の天気予報は午後から雨。でも気温は10℃を超える暖かい日でした。

雨を避けるため昼前には修善寺駅に到着するよう、9時前にホテルを出発しました。

f:id:tabirin:20180114040854j:plain

▲9:00下田を出発

 

なお、千葉先生はこの日仕事の関係で、残念ながら下田駅でお別れとなりました。

お忙しいところご参加いただきありがとうございました!

また、とても楽しい時間をありがとうございました!!

ぜひまた一緒に走りましょう!

f:id:tabirin:20180114040944j:plain

▲千葉先生とは下田駅でお別れ。2日間ありがとうございました!

 

一行は国道414号下田街道をひたすら北上します。

河津までは緩やかな上り坂です。車も少なく、非常に走りやすい道が15kmほど続きます。

その後、標高200mまで上ったところで、河津(標高50m)まで一気に下ります。

河津では旧天城トンネル11kmの案内板が登場。まだまだ距離がありますね。

旧天城トンネルは標高715mなので、なかなかの難所です。

ループ橋を越えながら、ひたすら山を上り続けます。

f:id:tabirin:20180114041021j:plain

▲ループ橋はアトラクションのごとくダイナミック。

  

f:id:tabirin:20180114041642j:plain

▲天城峠の道中は急勾配がつづきます

 

途中天城峠の青看板が出てきます。しかし旧天城トンネルのある旧道は砂利道のため、もう少し先の分岐から旧道に入ったほうが良さそうです。

f:id:tabirin:20180114041144j:plain

▲旧道の分岐点が出てきますが、もう一つ先の分岐で曲がりましょう

 

先ほどの青看板からもう2kmほど国道を上ると、旧天城トンネルの看板が出てきます。こちらから旧道に入った方が砂利道区間が短いです。

f:id:tabirin:20180114041212j:plain

▲ここから旧天城トンネルの旧道へ入ります

 

砂利道が2kmほど続くので気分はシクロクロス!

でも走るときには注意してくださいね。車も割りと走ってますので。

f:id:tabirin:20180114041723j:plain

▲旧道は砂利道なので転倒とパンクにはご注意を!

 

時刻は11:00。ここまで約30kmほど。ようやく旧天城トンネルに到着しました!

f:id:tabirin:20180114041805j:plain

▲自転車で天城越えです

 

天城と言えば、石川さゆりの有名な「天城越え」ですね!

自転車で「天城越え」やってみたかったんです。

f:id:tabirin:20180114041853j:plain

▲旧天城トンネル

 

さて、旧天城トンネルを越えると雨がポツポツ降り始めました。

旧道の下りももちろん砂利道です。

こちらはわだちも深くややテクニカルでした。でも楽しい!

f:id:tabirin:20180114042022j:plain

▲ダウンヒルも砂利道

 

国道に合流してからは一気に坂道を下りました。

沿道には道の駅天城越え。ここで一息休憩しました。

おこわオニギリがおすすめです!!

f:id:tabirin:20180114042246j:plain

▲道の駅天城越えで小休憩

 f:id:tabirin:20180114042105j:plain

▲おこわオニギリがとても美味しかったです

 残りは10km。下り基調なことと追い風も相まって、あっという間でした。

田園の中を颯爽とロードバイクで走るのは本当に気持ちが良いですね!!

f:id:tabirin:20180114042210j:plain

▲ひたすら峠を下ります

 

12:00前に修善寺駅に到着しました。走行距離は53km。

到着したところで雨が本降りになりました。ギリギリセーフでした。

f:id:tabirin:20180114042328j:plain

▲修善寺に帰ってきました

 

f:id:tabirin:20180114042401j:plain

▲雨が降る前にゴール!修善寺駅は正月仕様から平常仕様になっていました。

 

さて、修善寺といえば蕎麦が有名ですね!!

でも本当の名産はワサビとシイタケなのです。これらを美味しく楽しむ料理として蕎麦が有名になったんだとか。

そこでこの一品。

温まりますね~~。

f:id:tabirin:20180114042511j:plain

▲しいたけをふんだんに使った「生しいたけそば」830円

 

こうして千葉先生と走った2日間の楽しいサイクリングを終えました。

千葉先生、本当にありがとうございました!今度こそ一緒に天城越えしましょう! 

f:id:tabirin:20180115162950j:plain

▲最高に楽しいサイクリングでした!ありがとうございました!

 

伊豆半島は都心から簡単にアクセスでき、サイクリングに最適な場所です。

また、伊豆市は自転車まちづくりを進めているので、これからドンドン自転車利用環境が整っていくのではないでしょうか。

f:id:tabirin:20180114042604j:plain

▲伊豆市にはこんな施設も!スルガ銀行サイクルステーション

 f:id:tabirin:20180115163043j:plain

▲修善寺駅前には電動アシスト自転車がレンタルできる「izu velo(いずベロ)」も

 

皆さんも伊豆でのサイクリングを楽しんでみてはいかかでしょうか?

 

【本日のサイクリングルートはこちらから】

yahoo.jp

 

 【1日目の記事はこちらから】